コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震基準

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

耐震基準

1981年の建築基準法改正で、新築建築物震度6強の地震に耐えられる性能を義務づけられたのに対し、それ以前の建物は必ずしもその水準に達していない。構造耐震指標(Is値)は古い建物の耐震性能を示す数値で、国土交通省は0・6以上を求めている。0・3未満は、震度6強程度の揺れ倒壊崩落危険性が高いとされる。

(2011-12-19 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

耐震基準

1978年の宮城県沖地震契機に81年に建築基準法が改正され、建物を新築する際は「震度5強で損傷しない」に加え、「震度6強~7でも倒壊しない」耐震性が義務化された。81年よりも前の基準を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼ぶ。さらに、95年の阪神大震災でも多くの木造建物に被害が出たことから、2000年にも同法を改正、新基準をベースに柱を固定する金具の設置などの規定を強化した。

(2016-09-13 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

耐震基準の関連キーワードプロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)―0」建築物の耐震改修の促進に関する法律津波避難ビルと津波避難タワーイタリア地震(2016)マンション建替え円滑化法給食センターの天井破損建築基準法と耐震基準耐震診断と耐震工事耐震診断の補助制度改正耐震改修促進法木造住宅の耐震化耐震偽装と法改正住宅の耐震化率耐震改修促進法学校の耐震化率住宅耐震化率構造耐震指標住生活基本法耐震偽装事件住宅の耐震化

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐震基準の関連情報