コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震基準

2件 の用語解説(耐震基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

耐震基準

1981年の建築基準法改正で、新築の建築物は震度6強の地震に耐えられる性能を義務づけられたのに対し、それ以前の建物は必ずしもその水準に達していない。構造耐震指標(Is値)は古い建物の耐震性能を示す数値で、国土交通省は0・6以上を求めている。0・3未満は、震度6強程度の揺れで倒壊や崩落の危険性が高いとされる。

(2011-12-19 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

耐震基準

1978年の宮城県沖地震を契機に81年に建築基準法が改正され、建物を新築する際は「震度5強で損傷しない」に加え、「震度6強~7でも倒壊しない」耐震性が義務化された。81年よりも前の基準を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼ぶ。さらに、95年の阪神大震災でも多くの木造建物に被害が出たことから、2000年にも同法を改正、新基準をベースに柱を固定する金具の設置などの規定を強化した。

(2016-09-13 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐震基準の関連キーワード建築確認申請建蔽率道路指定確認検査機関建築確認建築物耐震化偽装行為の罰則強化建築基準法第8条(維持保全)木造3階建

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐震基準の関連情報