コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震強度偽装事件

1件 の用語解説(耐震強度偽装事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

耐震強度偽装事件

05年11月に国交省が、姉歯秀痔元1級建築士=建築基準法違反などの罪で懲役5年の判決が確定=が担当したホテルマンション耐震強度が不足していると発表したことで発覚。姉歯・元建築士による偽装物件は計99件で、うち42件は自治体建築確認を担当していた。建物の所有者らは、使用禁止や建て替えなどを余儀なくされたのは、偽造を見逃した自治体にも責任があると追及した。愛知県や群馬県、京都府では、各府県に損害賠償を求める訴訟が起きた。07年6月には、耐震偽装の再発防止を狙った改正建築基準法が施行されている。

(2009-02-25 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐震強度偽装事件の関連キーワード姉歯の松国交省国交遊具の事故淀川水系河川整備計画特定特別監視地域耐震偽装と法改正全国都市緑化フェア耐震偽装事件耐震強度偽装事件と自治体の責任

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐震強度偽装事件の関連情報