コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ソフィア大聖堂[キエフ] せいソフィアだいせいどう[キエフ]Cathedral of St. Sophia, Kiev

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖ソフィア大聖堂[キエフ]
せいソフィアだいせいどう[キエフ]
Cathedral of St. Sophia, Kiev

ウクライナの首都キエフにある大聖堂。ロシア人初の統一国家として成立したキエフ公国ヤロスラフ1世によって 11世紀初頭に創建されたビザンチン様式(→ビザンチン建築)のギリシア十字式聖堂で,ロシアにおけるキリスト教の聖地となった。有名な『祈る聖母』『乙女オランドの像』をはじめとするモザイクフレスコで飾られたドームを中心に,内部には金箔が用いられるなど豪華な装飾が施されている。その後 17世紀末~18世紀初頭にかけて改修が行なわれ,ウクライナ・バロック様式(→バロック建築)の鐘楼が建てられた。また中世にロシア初の図書館が創設されたことでも知られる。1990年周辺の修道院群,キエボ・ペチェルスカヤ修道院とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

聖ソフィア大聖堂[キエフ]の関連キーワードヤロスラフビザンチン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android