コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖光上人

1件 の用語解説(聖光上人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

聖光上人

鎌倉前期の浄土宗の僧。鎮西派の祖。筑前生。諱は弁長、通称を鎮西上人・筑紫上人等。比叡山で天台学を学ぶが、法然に出会い念仏の教えを継承した。その後、筑後山本に善導寺を建立し九州に念仏を広めた。『浄土宗要宗』等の著がある。嘉禎4年(1238)寂、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖光上人の関連キーワード寂照知鑑西山鑑智国師法界庵夢遊万霊光誉向阿鎮西派聖聡澄円良空道光

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone