コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖助法親王(2) しょうじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖助法親王(2) しょうじょほうしんのう

?-? 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の皇子。
天台宗の僧。永徳元=弘和(こうわ)元年(1381)青蓮院(しょうれんいん)で出家,守恵(しゅえ)の弟子となる。至徳3=元中3年一身阿闍梨(あじゃり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖助法親王(2)の関連キーワード南北朝時代天台宗皇子

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android