聖護院宮嘉言親王

美術人名辞典の解説

聖護院宮嘉言親王

伏見宮邦家親王の第二王子。祖父貞敬親王の嗣子。幼称は巍宮(多嘉宮)。聖護院宮盈仁親王の附弟、ついで光格天皇の養子となった。親王宣下を受け名を嘉言とし、聖護院に入寺得度して法諱を雄仁とした。三井寺長吏・一身阿闍梨に補されたが、維新後還俗し、内国事務総督・海軍総督等を務めた。慶応4年(1868)薨去、48才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android