コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖護院宮盈仁法親王

美術人名辞典の解説

聖護院宮盈仁法親王

閑院宮典仁親王の子。後桃園天皇の養子となる。名は初め嘉種、のち盈仁と改める。寛宮と称した。円城寺の長吏官に任じられ、一品、准三宮に叙せられる。文政13年(1830)薨去、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

聖護院宮盈仁法親王の関連キーワード閑院宮典仁親王

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android