聖護院宮覚助法親王(読み)しょうごいんのみやかくじょほうしんのう

美術人名辞典の解説

聖護院宮覚助法親王

後嵯峨天皇皇子。5歳で聖護院に入り、13歳で出家し、のち潅頂を受ける。園城寺長吏・聖護院門跡となり、宮門跡として初めて大峰入峰を果たし、伝法潅頂大阿闍梨となった。一品に除せられ、天王寺別当・熊野検校などを歴任した。和歌を能くし、二条派歌壇の後援者で、「覚助法親王家五十首」を主催した。『続拾遺集』以下の勅撰集に九十首の歌を収めている。建武3年(1336)薨去、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android