コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖護院宮覚助法親王 しょうごいんのみやかくじょほうしんのう

1件 の用語解説(聖護院宮覚助法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

聖護院宮覚助法親王

後嵯峨天皇皇子。5歳で聖護院に入り、13歳で出家し、のち潅頂を受ける。園城寺長吏・聖護院門跡となり、宮門跡として初めて大峰入峰を果たし、伝法潅頂大阿闍梨となった。一品に除せられ、天王寺別当・熊野検校などを歴任した。和歌を能くし、二条派歌壇の後援者で、「覚助法親王家五十首」を主催した。『続拾遺集』以下の勅撰集に九十首の歌を収めている。建武3年(1336)薨去、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖護院宮覚助法親王の関連キーワード聖護院宮道晃法親王聖護院道澄准三后聖護院宮嘉言親王聖護院道澄後嵯峨天皇亀山聖護院大根聖護院蕪覚助法親王京極准后

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone