コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖護院宮道晃法親王 しょうごいんのみやどうこうほうしんのう

1件 の用語解説(聖護院宮道晃法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

聖護院宮道晃法親王

江戸前期の親王。聖護院門跡。後陽成天皇の第十一(十三とも)皇子。幼称は吉宮、一字名は水、号は似雪。母は三位局清原胤子。聖護院に入り落飾し、法親王を宣下された。二品に叙せられてのち園城寺長吏・天皇護持僧となる。茶道を能くし、書画・和歌にも通じていた。延宝6年(1678)薨去、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖護院宮道晃法親王の関連キーワード昭高院道周法親王聖護院道澄准三后杉本坊玄快大覚寺宮空性法親王知恩院宮良純法親王聖護院道澄妙法院尭然法親王曼殊院良恕法親王然法親王盈仁入道親王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone