コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖護院宮道晃法親王 しょうごいんのみやどうこうほうしんのう

美術人名辞典の解説

聖護院宮道晃法親王

江戸前期の親王。聖護院門跡。後陽成天皇の第十一(十三とも)皇子。幼称は吉宮、一字名は水、号は似雪。母は三位局清原胤子。聖護院に入り落飾し、法親王を宣下された。二品に叙せられてのち園城寺長吏・天皇護持僧となる。茶道を能くし、書画・和歌にも通じていた。延宝6年(1678)薨去、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android