コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞き取り法門・聞取り法門 ききとりほうもん

大辞林 第三版の解説

ききとりほうもん【聞き取り法門・聞取り法門】

聞きかじっただけの、いい加減な教義の知識。一般に、いい加減な知識。他人の見解などの受け売り。聞き取り傍問ぼうもん。 「生禅僧の-、何々ぞ。話頭・言句は多けれども/御伽草子・鴉鷺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

聞き取り法門・聞取り法門の関連キーワード御伽草子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android