聞き取り法門・聞取り法門(読み)ききとりほうもん

大辞林 第三版の解説

ききとりほうもん【聞き取り法門・聞取り法門】

聞きかじっただけの、いい加減な教義の知識。一般に、いい加減な知識。他人の見解などの受け売り。聞き取り傍問ぼうもん。 「生禅僧の-、何々ぞ。話頭・言句は多けれども/御伽草子・鴉鷺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android