コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞く・聴く・訊く・利く きく

大辞林 第三版の解説

きく【聞く・聴く・訊く・利く】

( 動五[四] )
音・声を耳で感じとる。耳に感じて、知る。 「雨の音を-・く」 「講義を-・く」 「この近くと-・いて来た」 「 - ・くとは無しに-・く」
心を落ち着け注意して耳に入れる。傾聴けいちようする。 《聴》 「音楽を-・く」
人の言うことを理解して、受け入れる。また、従う。ききいれる。 「親の言うことなどちっとも-・かない」 「願いを-・く」 「内に入りてそそのかせど女はさらに-・かず/源氏 明石
(「訊く」とも書く)たずねて、答えを求める。問う。 「名前を-・く」 「自分の胸に-・く」
においをかぐ。鑑賞したり調べたりする。 「香を-・く」
(「利く」とも書く)酒を味わって優劣などを判定する。
釣りで、当たりがあったかどうか確かでないときに軽く竿さおをあげて合わせてみる。
[可能] きける
[表記] きく(聞・聴・訊
「聞く」は“音や声を感じとる。また、その内容を知る。香をたく”の意。「雨の音を聞く」「講義を聞く」「香を聞く」  「聴く」は“注意して耳に入れる。傾聴する”の意。「音楽を聴く」「国民の声を聴く」  「訊く」は“たずねる。問う”の意。「聞く」とも書く。「名前を訊く」「迷って道を訊いた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android