コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴導犬と介助犬

1件 の用語解説(聴導犬と介助犬の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

聴導犬と介助犬

聴導犬は障害者の耳となり、チャイム目覚まし音など生活に必要な音を聴くと前脚で使用者に知らせる。さらに音源に導く。介助犬は障害者の手足となり、床に落ちた物を拾ったり照明灯の点滅ひもを引いたりする。厚生労働省によれば、国内で聴導犬を育成しているのは22団体、介助犬は25団体。働いている聴導犬は13匹、介助犬は39匹。日本聴導犬協会の場合、犬の貸与は無償だが、食費や医療費などは使用者が負担する。

(2007-12-26 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聴導犬と介助犬の関連キーワード身体障害者補助犬法聴導犬障害者控除いちゃいちゃサービスドッグ身体障害者ヒアリングドッグ障害者雇用率障害者雇用塩原視力障害センターの廃止問題

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone