肘折[温泉](読み)ひじおり

世界大百科事典 第2版「肘折[温泉]」の解説

ひじおり【肘折[温泉]】

山形県中央部,最上郡大蔵村にある温泉。月山の北東麓,最上川支流銅山川中流の肘折カルデラ底部に位置する。含ボウ硝食塩泉,32~82℃。開湯は古く大同年間(806‐810)とも明徳年間(1390‐94)とも伝えられ,江戸時代からは出羽三山登山口の一つとして栄えた。近くの地蔵倉に生まれた地蔵尊(老僧とも小童ともいわれる)が出生の際肘を折り,この温泉でなおしたとの故事が温泉名の由来。〈きず)の湯〉と〈疝気せんき)の湯〉の共同浴場を中心に,1926年以降に掘削された源泉など14源泉があり,湯量は豊富。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android