コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝入り・肝入・肝煎 きもいり

大辞林 第三版の解説

きもいり【肝入り・肝入・肝煎】

あれこれ世話や斡旋をすること。また、その人。取りもち。
江戸時代、名主・庄屋の異名。
江戸幕府の職制で高家こうけや旗本の寄合の上席。高家肝煎・寄合肝煎など。
奉公人・遊女などを周旋すること。また、それを業とする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肝入り・肝入・肝煎の関連キーワード江戸幕府高家肝煎寄合肝煎江戸時代奉公人遊女斡旋上席職制名主旗本庄屋