コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝繊維症 かんせんいしょう

大辞林 第三版の解説

かんせんいしょう【肝繊維症】

肝臓障害により肝細胞が破壊され結合組織の繊維が増殖した状態で、肝硬変まで進展していないもの。原因は、慢性肝炎・循環系障害・日本住血吸虫症など多岐にわたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肝繊維症の関連キーワード日本住血吸虫症慢性肝炎肝臓障害結合組織肝硬変肝細胞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android