股部白癬(頑癬/いんきんたむし)(読み)こぶはくせんがんせんいんきんたむし(英語表記)Ringworm of the Groin

家庭医学館の解説

こぶはくせんがんせんいんきんたむし【股部白癬(頑癬/いんきんたむし) Ringworm of the Groin】

[どんな病気か]
 太ももの内側にできる白癬です。下腹部や会陰部(えいんぶ)、臀部(でんぶ)に広がることもあります。原因菌の多くは猩紅(しょうこう)色菌で、たまに鼠径表皮菌(そけいひょうひきん)もあります。男性に圧倒的に多く、かつては青年男子によくできましたが、最近は中・高年者に多くなっています。
[症状]
 周囲に輪状に広がり、弧状(こじょう)(弓なり)になります。へりが堤防状に盛り上がり、境界が明瞭(めいりょう)で、かなりのかゆみがあります。内側が中心治癒傾向(ちゅうしんちゆけいこう)(「体部白癬(斑状小水疱性白癬/たむし/ぜにたむし)」)となります。鼠径表皮菌によるものは炎症症状が弱めです。間擦性湿疹(かんさつせいしっしん)、カンジダ性間擦疹(せいかんさつしん)、紅色陰癬(こうしょくいんせん)などとまぎらわしいため、鑑別診断が必要です。
[治療]
 抗白癬剤を外用すれば3~4週間で治りますが、色素沈着が残りがちです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android