コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥塚 龍 コイヅカ リュウ

20世紀日本人名事典の解説

肥塚 龍
コイヅカ リュウ

明治・大正期の政治家,実業家 衆院副議長。



生年
弘化5年1月10日(1848年)

没年
大正9(1920)年12月3日

出生地
播磨国揖保郡中島村(兵庫県)

経歴
農家の出身で一時僧籍に入る。明治5年上京、中村正直の同人社に入り英学を修めた。8年横浜毎日新聞社に入社、一時辞めたが、12年「東京横浜毎日新聞」と改称、嚶鳴社機関新聞となって再入社、主事とし社説担当。15年社長沼間守一と立憲改進党に入党、「嚶鳴雑誌」、「東京輿論新誌」などで自由民権論を展開。その間神奈川県議、東京市議、東京市会参事会員などを務め、27年第3回以来兵庫県から衆院議員当選8回。30年大隈内閣で農商務省鉱山局長、31年東京府知事、41〜44年衆院副議長。後年実業界に転じ秀英社監査役、愛国生命保険取締役、日本キネトホン社長を務めた。「肥塚龍自叙伝」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

肥塚 龍
コイズカ リュウ


肩書
衆院副議長

生年月日
嘉永1年1月10日(1848年)

出生地
播磨国揖保郡中島村(兵庫県)

経歴
農家の出身で一時僧籍に入る。明治5年上京、中村正直の同人社に入り英学を修めた。8年横浜毎日新聞社に入社、一時辞めたが、12年「東京横浜毎日新聞」と改称、嚶鳴社機関新聞となって再入社、主事とし社説担当。15年社長沼間守一と立憲改進党に入党、「嚶鳴雑誌」、「東京輿論新誌」などで自由民権論を展開。その間神奈川県議、東京市議、東京市会参事会員などを務め、27年第3回以来兵庫県から衆院議員当選8回。30年大隈内閣で農商務省鉱山局長、31年東京府知事、41〜44年衆院副議長。後年実業界に転じ秀英社監査役、愛国生命保険取締役、日本キネトホン社長を務めた。「肥塚龍自叙伝」がある。

没年月日
大正9年12月3日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

肥塚 龍 (こいづか りゅう)

生年月日:1848年1月10日
明治時代;大正時代の政治家。衆議院議員
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

肥塚 龍の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android