コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩鎧・肩甲 かたよろい

大辞林 第三版の解説

かたよろい【肩鎧・肩甲】

古墳時代に用いた鎧の付属具で、肩と上膊じようはく部を保護するためのもの。短甲たんこうでは湾曲した鉄板を革紐かわひもで綴つづったものを、また挂甲けいこうは小札こざねを綴り合わせたものを用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肩鎧・肩甲の関連キーワード古墳時代革紐小札上膊