コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩鎧・肩甲 かたよろい

大辞林 第三版の解説

かたよろい【肩鎧・肩甲】

古墳時代に用いた鎧の付属具で、肩と上膊じようはく部を保護するためのもの。短甲たんこうでは湾曲した鉄板を革紐かわひもで綴つづったものを、また挂甲けいこうは小札こざねを綴り合わせたものを用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肩鎧・肩甲の関連キーワード古墳時代革紐小札上膊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android