コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃アトニー/胃下垂 いあとにーいかすい Gastric Atony / Gastroptosis

1件 の用語解説(胃アトニー/胃下垂の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いあとにーいかすい【胃アトニー/胃下垂 Gastric Atony / Gastroptosis】

[どんな病気か]
 胃壁(いへき)の筋肉の緊張が低下または消失している状態を胃アトニーといい、ほとんどの場合、胃の下端の位置が下がる胃下垂(いかすい)をともなっています。
 一般にからだつきの細い、腹筋の乏しい無力性体質の人に多くみられます。また、胃下垂の人は、同時に腸や腎臓(じんぞう)などの他の臓器の下垂(内臓下垂(ないぞうかすい))をともなっていることが多いものです。
 胃の動き(蠕動運動(ぜんどううんどう))が低下しているため、口・食道から入った食物を攪拌(かくはん)したり、十二指腸送り込む力が弱くなっています。そのため、上腹部の膨満感(ぼうまんかん)・重圧感、食欲不振などをおこします。
[検査と診断]
 診断には、上部消化管X線検査、いわゆる胃のX線検査が有効です。胃角部(いかくぶ)(上縁)が骨盤内に入っていれば、胃下垂と診断されます(図「胃下垂」)。
 蠕動運動の低下は、バリウムが胃内で停滞し、十二指腸への排出が遅れることから判断されます。
[治療]
 胃アトニー、胃下垂は、基本的に、苦痛と感じる症状がなければ、治療の必要はありません。
 胃の蠕動運動は、腹筋運動や全身運動によっても高まりますので、持続的な運動が必要です。また、下垂した胃は、体重の増加や腹筋・背筋の鍛練・増量によって挙上できます。
 食後、腹部の膨満感や重圧感の著しい人は、食事の1回の量を減らし、回数を増やすことや、胃の内容物を早く十二指腸へ送るため、食後30分間くらい右側臥位(みぎそくがい)(右を下にして横になる)をとる工夫も必要です。さらに、消化管運動機能亢進薬(しょうかかんうんどうきのうこうしんやく)が有効なこともあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胃アトニー/胃下垂の関連キーワード胃壁海壁外壁刑辟大辟何心地不死身塁壁青碧蹄壁外層 (hoof varnish)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone