コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背く・叛く そむく

大辞林 第三版の解説

そむく【背く・叛く】

( 動五[四] )
〔「背向く」の意で が原義〕
人の意志にしたがわない。命令や意向に反する。 「師の教えに-・く」 「国王の仰ごとを-・かば、はや殺し給ひてよかし/竹取」
裏切る。反逆する。 「主君に-・く」
(世間・人などから)はなれる。すてる。 「世を-・く(=出家スル)」
決まりなどに違反する。反する。 「約束に-・く」 「法に-・く」 「掟ヲ-・ク/ヘボン」
予想される結果と反対になる。 「期待に-・く」 「横綱の名に-・かぬ取り口」
うしろを向く。背中を向ける。 「伯爵夫人は寝返りして、横に-・かむとしたりしが/外科室 鏡花」 「明カリニ-・イテ立ツ/ヘボン」 〔「背ける」に対する自動詞〕
[可能] そむける
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

背く・叛くの関連キーワードヘボン

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android