コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児標本問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胎児標本問題

療養所では長く、患者の隔離を政策の基本にしていた。原則として出産、子育ては許されなかった。結婚すると男性は断種手術を施され、妊娠した女性は中絶させられた。楽泉園では入園者の子どもの保育施設が隣接し、入園の時点で子どもがいたり、気づかれずに出産した場合などに、そこで育てられる例もあった。厚労省が設置した第三者機関「ハンセン病問題に関する検証会議」は05年1月、中絶された胎児・新生児をホルマリン漬けにした標本療養所など6施設に114体残されているという調査結果をまとめ、正常に生まれた後に殺されたこともあると指摘した。調査後も新たな標本が見つかり、数は増えている。

(2006-07-13 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android