コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児標本問題

1件 の用語解説(胎児標本問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胎児標本問題

療養所では長く、患者の隔離を政策の基本にしていた。原則として出産、子育ては許されなかった。結婚すると男性は断種手術を施され、妊娠した女性は中絶させられた。楽泉園では入園者の子どもの保育施設が隣接し、入園の時点で子どもがいたり、気づかれずに出産した場合などに、そこで育てられる例もあった。厚労省が設置した第三者機関ハンセン病問題に関する検証会議」は05年1月、中絶された胎児・新生児ホルマリン漬けにした標本が療養所など6施設に114体残されているという調査結果をまとめ、正常に生まれた後に殺されたこともあると指摘した。調査後も新たな標本が見つかり、数は増えている。

(2006-07-13 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎児標本問題の関連キーワードサナトリウム人種隔離政策療養所ハンセン病問題基本法クリオン島ハンセン病療養所小鹿島療養所と元患者ハンセン病の隔離政策認知症患者の療養場所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone