胎盤早期剝離(読み)たいばんそうきはくり(英語表記)premature separation of the placenta

世界大百科事典 第2版の解説

たいばんそうきはくり【胎盤早期剝離 premature separation of the placenta】

異常分娩の一つ。胎児娩出以前に胎盤が子宮内壁からはがれること。一般には前置胎盤早期剝離に対して(正)常位胎盤早期剝離のことを意味し,前者は単に前置胎盤とのみよばれている。胎盤早期剝離では,子宮体部の正常位置に着床していた胎盤が胎児娩出より早く剝離し,子宮壁との間に出血を起こし血腫を形成する。この血腫は,しだいに増大して胎盤の剝離をさらに進行させるとともに,一部は子宮壁と卵膜との間を通って性器出血を起こす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胎盤早期剝離の関連情報