コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚性幹細胞(ES細胞)論文捏造事件

1件 の用語解説(胚性幹細胞(ES細胞)論文捏造事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胚性幹細胞(ES細胞)論文捏造事件

ES細胞は臓器や組織に分化する能力があるとされ、臓器の修復など再生医療への応用が期待されるなか、黄禹錫ソウル大教授(当時)の研究チームが04年、世界で初めてヒトのクローン胚から作製。05年には患者の体細胞を使ったクローン胚からES細胞を効率よく作ったと、それぞれ米科学誌に発表した。しかし、昨年11月から研究用卵子の売買、論文捏造などの疑惑が浮上。ソウル大は今年1月までに、ES細胞論文はすべて捏造との調査報告をまとめた。研究チームの女性研究員による卵子提侠2千個超の卵子売買、政府研究費の使途不明金なども明るみに。黄教授を応援するため卵子提供希望者が殺到するなどの社会現象も起きた。

(2006-09-06 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胚性幹細胞(ES細胞)論文捏造事件の関連キーワードiPS細胞再生医学体性幹細胞胚幹細胞アリョンの法則ES細胞とブッシュ政権ES細胞と論文捏造問題ES(胚性幹)細胞幹細胞と分化ES細胞とiPS細胞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone