コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚性幹細胞(ES細胞)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胚性幹細胞(ES細胞)

受精卵が分裂し、100個ほどの細胞からなる胚盤胞(はいばんほう)といわれる段階になったところで、胎児の体になっていく内部細胞塊といわれる部分を取り出し、培養することによってできる。無限に増殖し、あらゆる組織や細胞になり得る。京大では、受精卵を使わず体細胞から同様の能力を持つ多能性幹細胞をつくる研究も進めている。

(2007-06-18 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

胚性幹細胞(ES細胞)の関連キーワードトランスジェニックマウス再生医療等安全性確保法クローン技術規制法ヒトクローン胚研究トーマス オカーマノックアウトマウスバイオテクノロジーSTAP細胞問題人工多能性幹細胞日本再生医療学会ヒトクローン胚STAP細胞スミシーズ論文の査読体性幹細胞胚性幹細胞ES 細胞山中伸弥胚幹細胞万能細胞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android