コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚性幹細胞(ES細胞)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胚性幹細胞(ES細胞)

受精卵が分裂し、100個ほどの細胞からなる胚盤胞(はいばんほう)といわれる段階になったところで、胎児の体になっていく内部細胞塊といわれる部分を取り出し、培養することによってできる。無限に増殖し、あらゆる組織や細胞になり得る。京大では、受精卵を使わず体細胞から同様の能力を持つ多能性幹細胞をつくる研究も進めている。

(2007-06-18 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

胚性幹細胞(ES細胞)の関連キーワードマイケル フェルプス期待値マーリーン オッティナタリー コーグリン再婚禁止期間マリオン ジョーンズウサイン ボルトモーリス グリーンタイソン ゲイ北島康介

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone