コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚細胞性腫瘍

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胚細胞性腫瘍

精子や卵子(胚細胞)になる細胞(原始生殖細胞)から発生した腫瘍。良性の奇形種と悪性の腫瘍がある。卵巣、精巣(性腺)から発生するものが多いが、それ以外の場所(性腺外)にできることもある。胎児期に原始生殖細胞が迷い込み、そこから発生すると考えられる。若い男性に多く、体の真ん中付近のラインに沿う縦隔後腹膜などに目立つ。腫瘍の目安になるマーカー中、AFP、HCGが高まることが多い。

(2007-03-05 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android