コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚細胞性腫瘍

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胚細胞性腫瘍

精子や卵子(胚細胞)になる細胞(原始生殖細胞)から発生した腫瘍。良性の奇形種と悪性の腫瘍がある。卵巣、精巣(性腺)から発生するものが多いが、それ以外の場所(性腺外)にできることもある。胎児期に原始生殖細胞が迷い込み、そこから発生すると考えられる。若い男性に多く、体の真ん中付近のラインに沿う縦隔後腹膜などに目立つ。腫瘍の目安になるマーカー中、AFP、HCGが高まることが多い。

(2007-03-05 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android