コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡公寿

美術人名辞典の解説

胡公寿

中国清代の文人画家。江蘇省華亭生。名は遠、号を横雲山民・小樵。詩書画に通じ、殊に画は明清文人画の筆意を会得した。大倉雨邨や安田老山らの文人画家は往訪して教えを受けた。上海の居を寄鶴軒と号する。光緒12年(明治19・1886)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

胡公寿の関連キーワード村田 香谷山田鏡古任伯年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android