コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡禄∥胡籙 ころく

1件 の用語解説(胡禄∥胡籙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ころく【胡禄∥胡籙】

矢をいれて携帯する容器の一種。《東大寺献物帳》には(ゆき)と胡禄(やなぐひ)とを並記して区別している。これを遺品にあてはめて,矢筒式の容器を靱とし,矢立式の容器を胡禄と説明するのは,日本だけに通用する用語法である。中国で胡籙といえば,西安の昭陵六駿石像(636)中の丘行恭像や楊思勗(ようしきよく)墓(740)出土の兵士石俑に見るような,矢筒式のものである。慣用にしたがって矢立式の容器を胡禄とすると,奈良時代の遺品は,木板製あるいは葛藤(つづらふじ)製の状差形で,長さ33~45cmあり,幅が12cm余の狭いものと,30cmに達する広いものとの2種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の胡禄∥胡籙の言及

【箙】より

…武具の一種で箭(や)を盛る調度。携帯用容器の種類としては,上代に用いられた靫(ゆぎ),胡籙(ころく)(胡禄),中世の胡籙(やなぐい),箙,空穂(うつぼ)などがある。箙は,〈やなぐい〉と同じように,飛鳥・奈良時代にもっぱら用いられた隋・唐伝来の〈ころく〉の形式を受け,武士が戦いに用いたものである。形が蚕簿(さんはく∥えびら)ににているので,この名があるといわれる。古くは〈ころく〉とも,〈やなぐい〉ともよまれ,区別はされなかったようである(《三代実録》貞観16年(874)9月14日の条)。…

※「胡禄∥胡籙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胡禄∥胡籙の関連キーワード水筒折り鞄懐中鏡袈裟袋タバコ入れ名刺入れ携帯トイレシースナイフ火打ち袋携帯食器

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone