コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴丸・筒丸 どうまる

大辞林 第三版の解説

どうまる【胴丸・筒丸】

よろいの一。胴を円く囲み、右脇で重ね合わせる簡略なもの。草摺くさずりは歩行に便利なように、八枚に分かれている。平安時代から用いられ、主として歩卒が使用したが、室町時代以後は次第に大鎧に取って代わった。中世以前はこの形式の鎧を腹巻と呼んでいた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胴丸・筒丸の関連キーワード平安時代腹巻大鎧歩卒