コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登杜氏の四天王

1件 の用語解説(能登杜氏の四天王の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

能登杜氏の四天王

能登杜氏は奥能登発祥。江戸時代季節労働者として全国各地で酒造りを学んだのが始まりとされる。近年、卓越した技を持つ4人が地元酒造関係者の間で「能登杜氏四天王」と呼ばれるようになった。能登杜氏組合(珠洲市)によると、現役は農口さんと中三郎さん(車多酒造・白山市)の2人。三盃(さんばい)幸一さん(枡田酒造店・富山市)は引退し、波瀬正吉さん(土井酒造場・静岡県)は故人。杜氏は「南部杜氏」(岩手県)、「越後杜氏」(新潟県)、「但馬杜氏」(兵庫県)など、地域名で呼ばれる。

(2014-01-09 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能登杜氏の四天王の関連キーワード季節労働者季節労働能登能登縮奥能登奥能登殺人旅行奥能登に吹く殺意の風能登金時能登ミニトマト穴水[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能登杜氏の四天王の関連情報