コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能美古墳群と国内最古の文字入り須恵器

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

能美古墳群と国内最古の文字入り須恵器

国史跡だった和田山・末寺山と秋常山に続き、寺井山と西山の両古墳群が追加され、全体が「能美古墳群」として10月17日付で国史跡に指定された。大小62基の古墳がある。和田山古墳群の円墳から1977年に出土した5世紀終わりごろの須恵器の壺に「未」、高坏の蓋に「二年」の文字が確認され、須恵器に刻まれた文字としては国内最古と分かった。須恵器が焼かれた場所は不明だが、文字の地方への普及過程を解明する有力な手がかりと評価されている。

(2013-11-25 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android