脇侍・脇士・夾侍・挟侍(読み)きょうじ

大辞林 第三版の解説

きょうじ【脇侍・脇士・夾侍・挟侍】

本尊の両脇または周囲に侍して教化を助けるもの。釈迦如来の文殊もんじゆと普賢ふげん、もしくは迦葉かしようと阿難、阿弥陀如来の観音と勢至、不動明王の制吒迦せいたかと矜羯羅こんがらなど。脇侍わきじ。脇立わきだち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android