コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊振[村] せふり

1件 の用語解説(脊振[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せふり【脊振[村]】

佐賀県北東部,神埼郡の村。人口1935(1995)。北は脊振山(1055m)を境に福岡県に接する。村全体が脊振山地に属し,中央を城原(じようばる)川が南東流する。標高150~500mの間に集落が点在し,農林業を主産業とする。近年,米作から高冷地野菜への転作が拡大し,コンニャクや柿の栽培も盛ん。また杉の美林が多く,造林の村としても知られる。脊振山の山頂に脊振神社上宮,田手川上流の服巻(はらまき)に下宮があり,古代から中世には脊振千坊と称され繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

脊振[村]の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone