脊振[村](読み)せふり

世界大百科事典 第2版の解説

せふり【脊振[村]】

佐賀県北東部,神埼郡の村。人口1935(1995)。北は脊振山(1055m)を境に福岡県に接する。村全体が脊振山地に属し,中央を城原(じようばる)川が南東流する。標高150~500mの間に集落が点在し,農林業を主産業とする。近年,米作から高冷地野菜への転作が拡大し,コンニャクや柿の栽培も盛ん。また杉の美林が多く,造林の村としても知られる。脊振山の山頂に脊振神社上宮,田手川上流の服巻(はらまき)に下宮があり,古代から中世には脊振千坊と称され繁栄した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android