コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脣亡びて歯寒し くちびるほろびてはさむし

大辞林 第三版の解説

くちびるほろびてはさむし【脣亡びて歯寒し】

〔左氏伝 僖公五年
互いに助け合っていた一方が滅びると、他の一方も孤立して危ういことのたとえ。唇つきて歯寒し。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

脣亡びて歯寒しの関連キーワード左氏伝唇・脣一方

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android