コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱胎・奪胎(読み)だったい

大辞林 第三版の解説

だったい【脱胎・奪胎】

( 名 ) スル
詩文を作るのに、先人の作の語句や形式を換えて、独自の意味内容を付与すること。換骨奪胎。 「…といふ古句より-したるにや/獺祭書屋俳話 子規
磁器の一種。中国明代に作られた。ほとんど釉うわぐすりだけのように見えるほど胎土が薄く精巧なもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android