コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳死と植物状態

1件 の用語解説(脳死と植物状態の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脳死と植物状態

大脳、小脳、脳幹など脳全体の機能が失われることを脳死という。回復はしないとされ、人工呼吸器をつけないと心臓を動かして体の循環を維持することはできない。多くは数日〜数週間で心臓が停止する。一方、植物状態では脳幹の機能が生きていて、意識はないが多くの場合、自ら呼吸できる。まれに回復する人も。栄養を与えられ10年以上生きる場合もある。

(2007-03-14 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳死と植物状態の関連キーワードブランドの機能小脳脳幹麻痺脊髄小脳変性症大脳基底核脳幹網様体システミック・リスク(Systemic risk)消滅の法則等潜在能力の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone