コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳死肝移植と生体肝移植

1件 の用語解説(脳死肝移植と生体肝移植の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脳死肝移植と生体肝移植

97年に日本で脳死による移植を認める法律が施行されてから脳死肝移植は63例にとどまる。日本は親子や夫婦などの間の生体肝移植が主流だ。いつ現れるか分からない脳死の例を待つのに比べ、計画的に手術を進めることができる。一方で、肝臓の摘出などによる合併症など提供者に危険が伴う。健康な人の体にメスを入れる倫理問題もある。順天堂大学静岡病院の市田隆文教授は「移植がうまくいかなかったときの提供者の精神的なショックへの対応も課題」という。

(2009-10-09 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳死肝移植と生体肝移植の関連キーワード心臓移植腎臓移植脳死移植生体移植準則主義長期脳死渡航移植脳死肝移植改正臓器移植法バイドール法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone