腕・肱(読み)かいな

大辞林 第三版の解説

かいな【腕・肱】

[1][0] ( 名 )
肩からひじまで。二の腕。あるいは、肩から手首までの間。うで。
( 接尾 )
助数詞。
舞の手を数えるのに用いる。 「二-三-舞ひ翔つて/盛衰記 3
円柱状の物の太さを両手にかかえて計るのに用いる。
[句項目] 腕を返す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android