コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸X線検査 ちょうエックスせんけんさ

1件 の用語解説(腸X線検査の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうエックスせんけんさ【腸X線検査】

小腸および大腸の病変を調べるためのX線検査法roentgenography。小腸X線検査と大腸X線検査に大別される。
[小腸X線検査]
 (1)経口投与法 口から造影剤を飲んで行う胃X線検査(胃・十二指腸検査)にひき続いて時間を追って観察する方法である。この方法は,小腸の緊張の程度や運動に伴う複雑な粘膜襞の伸展不良による辺縁の状態を解明できる。しかし腸管の重なりなどにより微細な病変の判断をすることは困難である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腸X線検査の関連キーワード浣腸腸腺盲腸検便考査腸癌X線望遠鏡出血性大腸炎イミノグリシン尿ダイブテーブル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腸X線検査の関連情報