コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹当て・腹当 はらあて

大辞林 第三版の解説

はらあて【腹当て・腹当】

腹掛け。また、腹巻き。寝冷えを防ぐために幼児などが用いる。 [季] 夏。 《 -や男のやうな女の子 /景山筍吉 》
よろいの一。胴・草摺くさずりを小さく作り、胸・腹・下腹・大腿上部のみを保護するだけの簡単なもの。多く下卒が用いたが、平時の護身用として、上級武士も衣服の下に付けるなどした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腹当て・腹当の関連キーワード腹掛け寝冷え護身用衣服平時下腹

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android