コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱腟瘻/尿管腟瘻 ぼうこうちつろうにょうかんちつろう Vesicovaginal Fistula / Ureterovaginal Fistula

1件 の用語解説(膀胱腟瘻/尿管腟瘻の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうこうちつろうにょうかんちつろう【膀胱腟瘻/尿管腟瘻 Vesicovaginal Fistula / Ureterovaginal Fistula】

[どんな病気か]
 膀胱と腟の間、尿管と腟の間に孔(あな)(瘻孔(ろうこう))があき、交通路ができた状態をいいます。
 子宮がん膀胱がんなど、骨盤内(こつばんない)の腫瘍(しゅよう)が広がったり、骨盤内の手術時の損傷、放射線照射による副作用などが原因でおこります。
 腟から尿がもれるので、外陰部がよごれ、慢性湿疹(しっしん)となって特有の臭気を出すようになります。
[検査と診断]
 尿路(にょうろ)の治療にもかかわらず尿失禁(にょうしっきん)が続いて、この病気が疑われたときは、排泄性腎盂造影(はいせつせいじんうぞうえい)(静脈に造影剤を注射して、それが腎臓から尿路に出てくるのを撮影する方法)、膀胱造影、逆行性腎盂造影(ぎゃっこうせいじんうぞうえい)(尿管口(にょうかんこう)のほうから腎臓にむかって造影剤を入れる方法)、膀胱鏡検査などによって、尿の腟へのもれを確認して診断します。
 尿管腟瘻の場合、瘻孔のある部位では尿管が狭くなり、上部尿路は拡張していることがしばしばです。
 瘻孔部位の確認は、尿管腟瘻ではインジゴカルミン静脈注射膀胱腟瘻では膀胱内注入により、腟鏡で行ないます。
[治療]
 瘻孔が、ピンホールほどで小さければ、尿を尿道にみちびく管(カテーテル)をしばらく置いておけば、自然に治癒(ちゆ)することもあります。この場合には、細菌などが感染しないようにコントロールすることが重要で、十分な抗菌薬を使用します。
 カテーテルを置いてもよくならない場合は、手術が行なわれます。
 いずれにしても、この病気が疑われたら、ただちに泌尿器科医(ひにょうきかい)の診断・治療を受けるべきです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

膀胱腟瘻/尿管腟瘻の関連キーワード水腎症尿管膀胱膀胱鏡膀胱癌何心地尿路不死身プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone