コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱腟瘻/尿管腟瘻 ぼうこうちつろうにょうかんちつろうVesicovaginal Fistula / Ureterovaginal Fistula

1件 の用語解説(膀胱腟瘻/尿管腟瘻の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうこうちつろうにょうかんちつろう【膀胱腟瘻/尿管腟瘻 Vesicovaginal Fistula / Ureterovaginal Fistula】

[どんな病気か]
 膀胱と腟の間、尿管と腟の間に孔(あな)(瘻孔(ろうこう))があき、交通路ができた状態をいいます。
 子宮がん膀胱がんなど、骨盤内(こつばんない)の腫瘍(しゅよう)が広がったり、骨盤内の手術時の損傷、放射線照射による副作用などが原因でおこります。
 腟から尿がもれるので、外陰部がよごれ、慢性湿疹(しっしん)となって特有の臭気を出すようになります。
[検査と診断]
 尿路(にょうろ)の治療にもかかわらず尿失禁(にょうしっきん)が続いて、この病気が疑われたときは、排泄性腎盂造影(はいせつせいじんうぞうえい)(静脈に造影剤を注射して、それが腎臓から尿路に出てくるのを撮影する方法)、膀胱造影、逆行性腎盂造影(ぎゃっこうせいじんうぞうえい)(尿管口(にょうかんこう)のほうから腎臓にむかって造影剤を入れる方法)、膀胱鏡検査などによって、尿の腟へのもれを確認して診断します。
 尿管腟瘻の場合、瘻孔のある部位では尿管が狭くなり、上部尿路は拡張していることがしばしばです。
 瘻孔部位の確認は、尿管腟瘻ではインジゴカルミン静脈注射膀胱腟瘻では膀胱内注入により、腟鏡で行ないます。
[治療]
 瘻孔が、ピンホールほどで小さければ、尿を尿道にみちびく管(カテーテル)をしばらく置いておけば、自然に治癒(ちゆ)することもあります。この場合には、細菌などが感染しないようにコントロールすることが重要で、十分な抗菌薬を使用します。
 カテーテルを置いてもよくならない場合は、手術が行なわれます。
 いずれにしても、この病気が疑われたら、ただちに泌尿器科医(ひにょうきかい)の診断・治療を受けるべきです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone