コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱腟瘻/尿管腟瘻 ぼうこうちつろうにょうかんちつろうVesicovaginal Fistula / Ureterovaginal Fistula

家庭医学館の解説

ぼうこうちつろうにょうかんちつろう【膀胱腟瘻/尿管腟瘻 Vesicovaginal Fistula / Ureterovaginal Fistula】

[どんな病気か]
 膀胱と腟の間、尿管と腟の間に孔(あな)(瘻孔(ろうこう))があき、交通路ができた状態をいいます。
 子宮がん、膀胱がんなど、骨盤内(こつばんない)の腫瘍(しゅよう)が広がったり、骨盤内の手術時の損傷、放射線照射による副作用などが原因でおこります。
 腟から尿がもれるので、外陰部がよごれ、慢性湿疹(しっしん)となって特有の臭気を出すようになります。
[検査と診断]
 尿路(にょうろ)の治療にもかかわらず尿失禁(にょうしっきん)が続いて、この病気が疑われたときは、排泄性腎盂造影(はいせつせいじんうぞうえい)(静脈に造影剤を注射して、それが腎臓から尿路に出てくるのを撮影する方法)、膀胱造影、逆行性腎盂造影(ぎゃっこうせいじんうぞうえい)(尿管口(にょうかんこう)のほうから腎臓にむかって造影剤を入れる方法)、膀胱鏡検査などによって、尿の腟へのもれを確認して診断します。
 尿管腟瘻の場合、瘻孔のある部位では尿管が狭くなり、上部尿路は拡張していることがしばしばです。
 瘻孔部位の確認は、尿管腟瘻ではインジゴカルミンの静脈注射、膀胱腟瘻では膀胱内注入により、腟鏡で行ないます。
[治療]
 瘻孔が、ピンホールほどで小さければ、尿を尿道にみちびく管(カテーテル)をしばらく置いておけば、自然に治癒(ちゆ)することもあります。この場合には、細菌などが感染しないようにコントロールすることが重要で、十分な抗菌薬を使用します。
 カテーテルを置いてもよくならない場合は、手術が行なわれます。
 いずれにしても、この病気が疑われたら、ただちに泌尿器科医(ひにょうきかい)の診断・治療を受けるべきです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

膀胱腟瘻/尿管腟瘻の関連キーワード尿失禁とその対策

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android