膨張・膨脹(読み)ぼうちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐ちょう バウチャウ【膨張・膨脹】

〘名〙 (「ほうちょう」とも)
① 物の形状がふくれひろがること。ふくれあがること。
※雑談集(1305)九「もしやと思程に膀脹し臭爛しければ」
② 規模が大きくひろがること。数量が大きくふえること。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一二「而して此の如きは所謂武備機関の澎漲したる自然の結果なり」
③ 物体の体積が増大すること。特に温度の上昇につれて体積がふえる熱膨張をいうこともある。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「水の凍るとき其質は彭脹する性のものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる