コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳部(膳夫) かしわで

世界大百科事典 第2版の解説

かしわで【膳部(膳夫)】

古代に天皇・皇后・皇太子と官人の食事の調理をつかさどった人。令制の大膳職・内膳司・春宮坊主膳監には260人の伴部の膳部が属した。律令国家成立以前の6~7世紀には,地方豪族が大王に服属する際に,一族子弟を舎人(とねり)・采女(うねめ)などとともに,調理・饗膳をつかさどる伴(とも)である膳夫(かしわで)として大王に近侍させた。これは,応神天皇の吉備行幸の際に吉備氏の祖が兄弟子孫を膳夫となして饗したとか,清寧天皇代に諸国に白髪部舎人・白髪部靱負とともに白髪部膳夫を置いたとかの《日本書紀》の説話,景行天皇の東国巡幸の際に東方諸国造12氏が子弟を膳夫に進めたとの《高橋氏文》の説話から知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の膳部(膳夫)の言及

【大膳職】より

…和訓は〈おほかしはてのつかさ〉。職員は,大夫(長官),亮(次官),大進・少進(判官),大属・少属(主典)各1人,主醬,主菓餅(品官)各2人,膳部(かしわで)(伴部)160人,雑供戸(品部)等。朝廷における恒例・臨時の職務に携わる官人等には,俸禄とは別に主食,副食,調味料が素材または調理品の形で給食されるが,主食は大炊寮が担当し,大膳職は副食,調味料の調達,製造,調理,供給を担当した。…

※「膳部(膳夫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android