膵のう胞(読み)すいのうほう

知恵蔵miniの解説

膵のう胞

膵(すい)内部や周辺にできる、液体がたまって袋状になったもの。多くの場合は無症状で、健康診断などで偶然発見されるケースが多い。大きさは大小さまざまで、数ミリメートル程度から10センチメートルを超えるものまである。また、1個だけの場合もあれば複数個発見される場合もある。多くは良性だが、悪性のものはがん化する可能性がある。

(2019-5-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android