コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臆病の神降し おくびょうのかみおろし

大辞林 第三版の解説

おくびょうのかみおろし【臆病の神降し】

信心からではなく臆病のせいで、一心に神々の名を呼び続けること。 「天神様、金毘羅様と-/浮世草子・諸道聴耳世間猿」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

臆病の神降しの関連キーワード臆病・憶病浮世草子信心

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android