コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臈次・﨟次・臘次 らっし

大辞林 第三版の解説

らっし【臈次・﨟次・臘次】

〔「ろうじ(﨟次)」の転〕
法臘ほうろうの次第。出家後の年数。ろうじ。 「座に就ても-を存上れば上座を敬ず、下れば下座を思はざるなり/雑談 4
順序。次第。ろうじ。 「 -ヲミダス/日葡」
[句項目]

ろうじ【臈次・﨟次・臘次】

僧が受戒してから﨟を積んだ年数。戒臘。らっし。 「わづかに-をかぞへ、空く供養をうくる僧宝になりはてて/沙石 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android