コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臈纈染め・﨟纈染め・臈纈染・﨟纈染・臘纈染め・臘纈染 ろうけつぞめ

大辞林 第三版の解説

ろうけつぞめ【臈纈染め・﨟纈染め・臈纈染・﨟纈染・臘纈染め・臘纈染】

防染に蠟を用いた染色法。蠟の不規則な割れ目から染液がしみ込み、模様に独特の線が入る。古代に行われた﨟纈ろうけちと技法は似るが関連はなく、明治以降ジャワ更紗サラサの影響を受けて始まったもの。蠟置きに筆を用いる描き染めが多い。蠟染め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臈纈染め・﨟纈染め・臈纈染・﨟纈染・臘纈染め・臘纈染の関連キーワード割れ目ろう技法防染染液

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android