臈長ける・﨟長ける・臘長ける(読み)ろうたける

大辞林 第三版の解説

ろうたける【臈長ける・﨟長ける・臘長ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 らふた・く
(女性が)洗練されて美しくなる。優美である。 「 - ・けた貴婦人」 「撥を揚てさしのぞきたる顔つき、いみじく-・けて/太平記 18
その道の経験を積む。年功を積む。 「 - ・けて来ておいらんの苦労なり/柳多留 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android