コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臑から火を取る すねからひをとる

大辞林 第三版の解説

すねからひをとる【臑から火を取る】

火をつける火打ち石などの道具もないほど貧乏している。 「 - ・る此西鶴同然の御ありさま/浮世草子・元禄太平記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

臑から火を取るの関連キーワード火打ち石浮世草子臑・脛

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android