コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臓器売買の禁止

1件 の用語解説(臓器売買の禁止の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

臓器売買の禁止

97年10月に施行された臓器移植法は、臓器の提供やあっせんの対価としての金銭授受を禁じている。違反した場合、5年以下の懲役か500万円以下の罰金が科せられる。臓器提供のあっせん業は厚労相の許可が必要で、営利を目的とすることは禁じられている。日本移植学会の倫理指針は、原則として臓器提供者を6親等以内か、配偶者の3親等以内の血縁者に限定。親族以外からの提供は医療施設の倫理委員会で個別に承認するよう求めている。

(2006-10-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臓器売買の禁止の関連情報