臥転(読み)こいまろぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

こい‐まろ・ぶ【臥転】

〘自バ四〙 (「こい」は動詞「こゆ(臥)」の連用形) ころげまわる。もだえころがる。
※万葉(8C後)三・四七五「ひさかたの 天知らしぬれ 展転(こいまろび) ひづち泣けども せむすべも無し」
※読本・雨月物語(1776)蛇性の婬「たつ足もなく、展転(コイマロ)びはひ倒れて、からうじてのがれ来り」

ふし‐ころ・ぶ【臥転】

〘自バ四〙 =ふしまろぶ(臥転)
※名語記(1275)三「どろにふしころびて」

ふし‐まろ・ぶ【臥転】

〘自バ四〙 身を投げだしてあちこちにころぶ。悲しみや喜びをおさえきれずにころげ回る。ふしころぶ。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「女御の君、こゑも惜しみ給はず、ふしまろび泣き給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android